最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IX | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第二部 第一章 part-4 »

2020年1月 6日 (月)

あっと!ヴィーナス!!第二部 第一章 part-3

あっと! ヴィーナス!!第二部
第一章 part-3

 そうこうするうちに弘美の家が見えてきた。
 そういえば、愛ちゃんを家に上げるのは幼稚園の時以来かな……。
 男の子と女の子、異性を感じるようになった頃から、互いに遠慮するようになっていた。
 しかし今は女の子同士、愛も何のためらいもなく家を訪問することができるというわけ
である。
「ただいま!」
「お帰り」
 母が出迎える。そして……、
「あら、愛ちゃんじゃない。久しぶりね」
「おばさま、お邪魔します」
 幼馴染みの母親という記憶は、どうやら残っているようだった。
 都合の悪いことは消したりすり替えたりしているが、影響のないことはそのまま記憶を
残しているようだった。まったく見ず知らずの他人というわけにはいかないらしい。
「遠慮しないで、ゆっくりしていってね」
「はい」
 というわけで、自分の部屋に案内する。
「へえ……、久しぶりだけど。弘美の部屋ってこんなだったんだ」
 そりゃそうだろな。
 愛がちょくちょく遊びに来たのは幼稚園の頃だ。
 月日も経っているし、女の子的な雰囲気にすっかり模様替えしてしまったから。
 あの頃はまだ異性ということを意識していなかったからな。
 
「悪いけど、着替えるね」
「うん……」
 帰ったらすぐに着替えるように母に言われていたからだが、他人がいるとやはり恥ずか
しいものだ。とはいえ、学校の体育の授業前に、何度もクラスメート達と一緒に着替えを
する機会があったので、少しは慣れっこにはなっている。
 授業前にはじめて着替えするときは、心臓どきどきものだったけどね……。
「それでさあ、朝のことだけど……何が言いたかったわけ? そろそろ話してくれてもい
いよね。夏休みの予定がどうのとか……」
「それなんだけどさあ……」
「なに?」

「あのね……。一緒にアルバイトしないかな? と思ってさ……」
「バイト?」
「ファミリーレストラン」
「ファミレス?」
「うん……一緒にアルバイトしない?」
「なんでそうなるわけ?」
「一人じゃ行きづらくて……」
「だったらやめとけば?」
「そうもいかないのよ」
「どうして?」
「実はね……。バイト料でお父さんの誕生日プレゼント送ろうと思っているの。冬なら手
編みのセーターとかでいいんだろうけど。夏にセーターはねえ……」
「そっかあ……、誕生日プレゼント送るんだ」
「そうなの」
 といいながら、じっと弘美を見つめる愛。
「わかったわよ。一緒にバイトしてあげる」
「やった!」
ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IX | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第二部 第一章 part-4 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IX | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第二部 第一章 part-4 »