最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« アッと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-5 | トップページ | アッと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-7 »

2020年1月28日 (火)

アッと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-6

あっと! ヴィーナス!!第二部
第二章 part-6

「バルス!」
 エンジェルが最後のボタンを押した。
 と同時に、コントロールルームが激しく振動した。
「な、なに?」
 慌てて飛び上がって、制御盤から離れる。
 何事かとしばらく様子を見ていたが、床や壁が次々と崩壊していくのを見て、ディアナ
に報告しなきゃと、その場を離れた。
 天井が崩れて落下してくるのを避けながら急ぐエンジェル。

 アポロンのいる玉座付近でも騒動が起きていた。
 足元から城が崩れてゆくのに動揺するヴィーナス達。
「城が崩れる!」
 そこへエンジェルが駆けつけて、実情をディアナに報告する。
「城から離れないと」
 天駆ける戦車を呼び寄せるディアナ。
「弘美は?」
 心配になったディアナが見たものは、バリアーの中で平然としているアポロンと茫然自
失のままの弘美だった。
 天空城が崩壊する中、バリアーは完全防御状態で、その中は安全地帯となっていた。

 天空城は崩れ去った。
 しかし、アポロンのいるバリアーは球体状となって浮かんでいた。
 玉座に座ったアポロン、取り巻きの神子、そして愛も弘美も無事息災であった。
 球体の周りを飛び回る、天駆ける戦車に乗ったディアナとヴィーナス。
「なんてことだ」
 上へ上へと昇ってゆく球体を追いかけながら、自分達の浅はかさに悔しがる女神。
 アポロンの深層意識までは読みきれなかったという。
「アポロンの行き先は、判っている」
「ヘラ様のところね」
「その通りだ」
 ヘラのいるところ、天上界へと向かう女神だった。
ポチッとよろしく!

11

« アッと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-5 | トップページ | アッと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-7 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アッと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-5 | トップページ | アッと!ヴィーナス!!第二部 第二章 part-7 »