最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・13 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・15 »

2020年2月13日 (木)

冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・14

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・14

ナレ「川を渡り、毒沼を越えて竜王城へとやってきた一行」 勇者「さて、まずはロトの剣を手に入れるぞ!」 王子「竜王に会いに行くのではないのですか?」 勇者「それは後回しだ。レベルアップも兼ねて、先に剣を見つける」 王女「ロトの剣があるという確証は?」 勇者「ドラクエIをプレイしたからな」 王子「なんですか、それは……」 勇者「とにかくだ。城に入ったら、マッピング頼むぞ」 王女「Iをプレイして覚えてないの?」 勇者「俺が、記憶力いいと思うか?それに、Iから百年も経っているんだ。マップも変わ っているかもしれん」 王子「はあ……わかりました」 ナレ「マッピングをしながら、城内を探索する一行。グレムリン4体の出現に手こずり、 何度も全滅を繰り返しながらも、念願のロトの剣を手にするのだった」 勇者「取ったど~!!(剣を高々と掲げる)」 王子「おめでとうございます。じゃあ、リレミトで脱出しますか?」 勇者「おう……ってか、いつリレミト覚えたんだ?」 王子「ついさっきですが」 勇者「でかしたぞ。おまえって、意外と便利な奴だな。戻ったらカツ丼奢ってやるぞ」 王子「そんなもの、この世界にありませんよ。リレミト!」 ナレ「竜王城を脱出して、一旦ラダトーム城へと帰還する」 勇者「よおし、カツ丼も食ったことだし、今度は竜王に会いに行くぞ!」 王子「ソレ、どこで食ったんですか?」 勇者「気にするな。ナレーションの大好物だそうじゃないか」 王子「そうなんですか?」 ナレ「ええ、まあ……」 王女「意外と俗物的なんですね」 ナレ「ほっといてください!」 勇者「腹ごしらえも済んだし、出発だあ!」 ナレ「再び竜王城に戻ってきた一行」 王子「前回の探検で、おおよそのマップが出来上がっています」 勇者「そうか、前回使わなかった階段を昇り降りすればいいんだよな」 王子「はい。3階からですが」 勇者「うん……(考え込んで)このロトの剣、おまえにやる!(剣を王子に手渡す)」 王子「えええ!いいんですか?」 勇者「ああ。鉄の槍じゃ、心もとないだろ?俺は、同じ攻撃力のおおかなづちで十分だ」 ナレ「なんとまあ!珍しくパーティー思いの行動をしましたね」 勇者「うるせえ!リレミト覚えてて、回復役のこいつが必要だからだ」 王子「ありがとうございます。ありがたく頂いておきます」 ナレ「こうして、竜王城の最深部へと突き進み、竜王の前へと歩み出たのであった」 竜王「よく来た、勇者よ。わしが王の中の王、竜王のひまごじゃ。最近パーゴンとかいう 者が、えらそうな顔をして、はばをきかせていると聞く。じつにふゆかいじゃ!もし、わ しにかわってパーゴンをたおしてくれるなら、いいことを教えるがどうじゃ?」 ナレ「はい、いいえ、で答えてください」 勇者「いいえ、と答えたら?」 竜王「そうかいやか……。おまえはいがいと心のせまいやつだな。では、もう何もいわぬ。 行くがよい。」 王子「何言ってるんですか?ここまで来て、知らんぷりんはないでしょ!」 勇者「うるさいなあ!じゃあ、はい、だ」 王女「なによ、その言い方は?」 勇者「間違った選択をして、ゲームオーバーになったり、スタート地点に戻されることは ないからな」 王女「勝手になさい!」 竜王「ほほう。やってくれるかっ!では、5つの紋章をあつめよ。さすれば精霊の守りが えられるという。かつてメルキドと呼ばれた町の南の海に、小さな島があるはず。まず、 そこへ行け!その島は、この城からまっすぐ南へ進めばたどりつけるはずじゃ!紋章をあ つめ、精霊のチカラをかりなければ、パーゴンはたおせまいぞ!」 勇者「紋章集めか……ドラクエⅢでいう所の、オーブ集めに相当するのだな」 王女「なんのことを、おっしゃっているのでしょうか?」 勇者「いや、こっちの話。気にするな。さあ、南の島へ向かってGO!だ」 ポチッとよろしく! 11

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・13 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・15 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・13 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・15 »