最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・11 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・13 »

2020年2月11日 (火)

冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・12

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・12

メニューへ 勇者「ようやく、港町、ナガプルにたどり着いたぞ」 王女「町人からの情報を集めましょう」 町人「東の海をわたると、アレフガルドの国です。はるか昔、ロトの勇者とローラ姫は、 その国からやって来たそうですよ。」 勇者「ふうん。それくらい知っているわい……」 王子「とにかくメモしておきます」 勇者「おお、ここにも禿げ頭のおっさんがいるぞ!」 王子「またですかあ?」 勇者「当然だよ。リアクションが面白い!そのためのNPCだからな。おい、そこの禿 げ!」 禿頭「男には、用はねえなあ。よお、後ろのねえちゃん!オレと一杯やらねえか?ひっ く。」 勇者「なんだと!このやろう!!(殴りかかろうとする)」 王子「暴力はやめてください(必死で止めに入る)」 王女「そうですよ。たかがNPCの言葉に過激にならないでくださいね」 勇者「ふん!今度、同じこと言ったら、ただじゃ済まさないぞ!」 王子「とか言いながら、話しかけないで下さいよ」 王女「そうよ。NPC相手に、なに息巻いてるのよ」 王子「さあさあ、情報収集しましょう」 ナレ「勇者の背を押して、その場を離れる」 勇者「お!バニーガールのお姉ちゃんがいるぞ」 バニー「ねえ、あたしってかわいい?だったらぱふぱふしない?」 勇者「おおとも、もちろんだ!」 バニー「本当?うれしいわ。ぱふぱふぱふ。」 勇者「ぱふぱふぱふ。」 バニー「どうもありがとう。気がむいたら、また来てね。」 勇者「ふうっ……。気持ちよかったぞ」 王子「なにやってんですか!?」 勇者「勇者色を好む、って言うじゃないか」 王女「それって、英雄でしょう!」 勇者「そういえば『幸運を呼ぶサロン/色を好まぬ色男』というクエストがあるな」 王女「なにそれ?」 勇者「ドラクエXだよ。知らないのか」 王女「知るわけないでしょ。今はIIなんだから……って、何言わせるのよ!」 勇者「おお、あそこに見えるは舟じゃないか」 王子「通せんぼしているのが管理人かな?」 勇者「おい、じじい!舟を貸せ!」 翁 「ほほう。舟に乗りたいと申されるか?しかし、よそ者には舟をかさぬのが、この町 のならわし。すまんが、あきらめて下され。」 王子「ちょっと、勇者さん!手を振り上げないでください!!」 勇者「俺はまだ何もしてないぞ」 王女「嘘です。今、殴りかかろうとしてました」 勇者「……しようがねえ。他に行くぞ」 ナレ「情報を求めながら、町の北西へ」 王女「見てください。女の子が、ガラの悪い男達に囲まれてますわ」 勇者「ほっておけ。触らぬ神に祟りなし、だよ」 王女「そこの人!なにしてるんですか!?」 ナレ「勇者の態度に、たまらず声を掛ける王女」 勇者「あ、こら!余計なことを」 ナレ「一行に気づいて、駆け寄る娘」 娘 「たっ、たすけてっ!まものたちが私をっ!」 盗賊「ケケケ!その女をわたしなっ!」 ナレ「はい、いいえ。どちらにしますか?」 勇者「ここは、もちろん『はい』だろうな」 王女「何言ってるんですか!助けましょう」 勇者「まあ、待て。族の反応を見よう」 盗賊「ケケケ、バカなやつ……。おまえたちもここで食ってやろう」 ナレ「グレムリンが2体現れた!」 勇者「そう来ると思ったぞ。総員戦闘態勢!」 王子「なに、かっこつけてるんですか!」 ナレ「苦戦するも、なんとかグレムリンを倒すことに成功した」 娘 「あぶないところをどうもありがとうございました。私について来て、どうかうちの おじいさまにも会って下さいな。さあ、こちらへ」 勇者「おうとも、どこへでもついてゆくぞ。なんなら、ベッドの上でも良いぞ」 王子「何言ってんだか……」 ナレ「娘が二人を連れて行ったのは、運河の管理人のところだった」 娘 「おじいさま、ちょっと……。」 翁 「かわいいまごむすめを助けて下さったそうで、なんとお礼をいってよいやら。おお、 そうじゃ!あなたたちに舟をお貸ししようぞ。このじいいに、できるのはそれくらいじゃ。 どうか自由に乗って下され。……じゃが最近は海がずいぶん荒れてきておる。まずは、東 の海をわたって、アレフガルドの国のラダトーム城を目指しなされ。そこの王さまならき っと、あなたたちの力になってくれるじゃろう。気をつけて行きなされよ。」 勇者「そうか……。ありがたく頂いておこう。ついでだが……娘」 娘 「本当に、どうもありがとうございました。これからは、あぶない場所には近づかな いよう気をつけますわ。」 勇者「ついでだから、一緒に行かないか?」 娘 「本当に、どうもありがとうございました……以下略」 王子「無駄ですよ。NPCだから……」 翁 「気をつけて行きなされよ」 勇者「しょうがねえ……。とにかく頂けるものは頂く」 ナレ「と舟に乗り込む一行だった。ちなみに、族の問いには、どちらに答えても同じ結果 になります」 勇者「何言ってるんだか……お、なんか扉があるな。覗いてみよう」 商人「嵐の夜。財宝をつんだ私の舟がしずみました。私は、たまたま近くを通った舟に助 けられましたが、財宝は海の底に……。もし財宝をひきあげてくれたなら、きっとお礼を いたしましょう。」 勇者「お礼……ってなんだ?」 商人「嵐の夜。以下略」 勇者「ちぇっ!持ってくればいいんだろ?」 ナレ「商人宅を出る一行」 勇者「さて、これからどこへ向かえばいいんだ?」 王子「町の人が言ってましたよね。東の海を渡ったところにあるアレフガルドの国。そこ に何かありそうですが」 勇者「ロトの勇者とローラ姫の故郷ってやつか……。しょうがねえ、他に情報はないし、 行くとするか」 王女「確か、攻略本とか持ってましたよね?どうしたんですか?」 勇者「ああ、空飛んだ時に落としちまったよ」 王子「それは残念でしたね」 ナレ「というわけで、東の海を越えたアレフガルドの国へと向かうのだった」 ポチッとよろしく! 11

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・11 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・13 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・11 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・13 »