最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ Ⅳ | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・16 »

2020年2月16日 (日)

銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス Ⅳ

 機動戦艦ミネルバ/第六章 新造戦艦サーフェイス
IV

 ミサイルサイトの進入口の左右に取り付く新型機。
「準備はいいか?」
 サブリナがナイジェルに合図する。
「いいぞ、OKだ」
 ブラスター砲を扉に向けて構える両機。
「撃て!」
 二条の光跡が走り、扉を破壊する。
 濛々たる煙幕が立ち上がる。
 扉が破壊されると同時に、内部から反撃の一斉射撃がはじまる。
 敵防衛隊の戦闘機を撃破して、安全を確保したミネルバが地上に降下し、モビルスーツ
隊が降ろされてゆく。
 ハイネとオーガスが、それらを引き連れて、サブリナの元に合流する。
 全機が揃ったところで、突撃の合図を待つ。
「ジャン、一発お見舞いしてやれ」
 ナイジェルが指示を出す。
「はいよ」
 ナイジェル・ジャン機の携帯している武器は、スーパー・バズーカ砲(無反動砲)であ
る。
 片膝ついてバズーカを肩に担いで射撃姿勢を取る。
「発射!」
 バズーカが火を噴いて、破壊された扉の奥のトンネル内へと突き進む。
 轟音と共に、行き場を失った爆風・爆炎がトンネルの外へも噴出する。
 隧道という閉鎖空間では、ビーム砲よりも炸裂する弾丸を飛ばすバズーカ砲の方が有利
である。
 内部からの反撃は止んでいた。
「突入せよ!」
 サブリナの号令と共に、全機がトンネル内へと突入した。
「周囲に気をつけろよ」
 どこに敵が潜んでいる判らない、細心の注意を払うのは当然だろう。
 狭い坑道を突き進んでゆくと、広い空間に出る。
 砂丘の地下の固い岩盤の中に構築されていた。
 徹甲弾さえも貫き通すことができないために、モビルスーツによる内部からの破壊作戦
が敢行されたのである。
 敵も黙って侵入を許すわけがない。
 再び銃弾の雨あられとなった。
 敵モビルスーツも出現する。
「おいでなすったぞ。散開!」
「くらえ!」
 アイクがブラスター砲を撃ち放ったのを合図に、一斉に敵に撃ちまくる。
 敵味方入り乱れて、ビーム砲が軌跡を描く。
 弾がなくなれば、脚に装着していたビームサーベルを抜いて切りかかる。

 広い空間とは言ったが、モビルスーツが動き回れば、さすがに狭く感じる。
 閉鎖空間で、銃撃戦を繰り広げれば、当然爆煙が構内に充満して、視界が遮られる。
「赤外線センサーを使用しろ!」
 センサーに映る敵影に向かって撃ちまくり、ビームサーベルを振り下ろす。
「右だ!」
 サブリナのナビに従って、右に向き直って、切りかかってくる敵のビームサーベルを受
け止め、脚で蹴飛ばして倒し、サーベルを敵機体に突き刺す。

 かくの如く暴れまわり、ついにはミサイルサイトを攻略したのであった。
 侵入口から捕虜となった兵士達が、頭に手を置いて出てくる。
 中ではサブリナが、呼び寄せた工兵隊に指示を出していた。
「ミサイルは一つ残らず爆破するんだ」
 次々と爆弾が設置されてゆく。
「隊長!爆弾の設置完了しました!」
「よし!総員撤収しろ」

 ミネルバの艦橋。
「全員退去完了しました」
「よろしい。爆破準備<カウント!」
 起爆装置はミネルバから行う。
「十秒前、9、8……、2、1、爆破!」
 基地全体から凄まじい爆炎が上がる。
 ミサイル発射口の蓋が吹き飛び、侵入口からも爆煙が湧き出す。
 さらに連鎖反応は続いて、砂の山となって大きく隆起した。
「誘爆が続いています」
 やがて鎮火した後には、すり鉢状の陥没ができた。
「もったいない気もします」
 副長が残念がる。
「持ち運べませんし、海底秘密基地ならともかく、場所を敵に知られている以上、利用価
値はありません」
「なるほど……」

 ミサイル基地の完全破壊を確認して、
「本部に連絡。作戦完了、次の指示を乞う」
 通信を終えて、現場を立ち去るミネルバだった。
ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ Ⅳ | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・16 »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ Ⅳ | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・16 »