最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス Ⅲ | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・12 »

2020年2月10日 (月)

冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・11

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・11

ナレ「サンペタを出立して、一旦南へサンブルグ城を横目に、さらに西へ『サンブルグ西 のほこら』を経て、西へ西へと果てしなく続く草原を渡る」 勇者「かぶとムカデが出た!しかし、なんて固いやつだ。スクルトかルカナン使えないの か?」 王子「レベル20にならないとスクルトは覚えられません」 王女「ルカナン、ついさっき覚えましたけど……。1匹や2匹くらいじゃ、MPがもった いないかもです」 勇者「そうか……。君が言うならそうなのだろうな」 王女「はい」 ナレ「かぶとムカデを倒し、さらに砂漠を越えて海が見えたら、北に進路を変えると塔が 見えてくる」 王女「あれが、ドラゴンの角です」 勇者「よし、二人とも残りのMPは?」 王子「大丈夫です」 王女「わたしも」 勇者「ならば、行くぞ!」 ナレ「ドラゴンのつの、へと入る一行」 勇者「お、誰かいるぞ」 王子「何か情報教えてくれるかも」 勇者「おい、おまえ」 男 「旅の人!知っていますか?」 勇者「知らん!」 男 「ここがドラゴンのつの、と呼ばれる有名なふたごの塔ですよ。なんでも昔は向こう 岸の塔と、つり橋でむすばれていたとか…。しかし今は、このありさま。どうやったらむ こう岸まで行けるんでしょうね……。」 勇者「風のマントがあれば行けるらしいぞ。ちなみに、はいと答えると」 男 「……。まだ何も話していないのに。ま、いいか」 勇者「と、気のない返事をするぞ」 王女「遊んでないで、急ぎましょうよ」 王子「MPも残り少なってきました」 勇者「おっしゃ!駆け抜けるぞ」 王子「あれ、攻略本見ないのですか?」 勇者「大丈夫だ。ここは単純だから」 王女「でも、吹き抜けに落ちないように気を付けましょうね」 ナレ「というわけで、最上階にたどり着く」 勇者「お、誰かいるぞ」 王子「さっきも、そう言いましたよね」 衛兵「おぬし、かぜのマントを持っておるか?」 勇者「ここは当然、『いいえ』だな」 衛兵「ここからはるか東の風の塔という所に、そのマントはあると聞く。それをつければ、 このような高い所から少しだけ空を飛ぶことができるらしいぞ。」 勇者「おお、解説ご苦労さん。で……」 王子「はい、と答えると……ですね」 勇者「おおよ。おまえも分かってきたな」 王子「どういたしまして」 男 「ならば、それをつけてここから落ちているといい。この高さならむこう岸まで飛ぶ ことができるかもしれんぞ。」 勇者「そういうわけだ。行くぞ!」 王子「あ、待ってください!」 勇者「それえ~!!」 ナレ「勢いよく空中に飛び出す勇者。一行の落ちた地点は、元の塔の入り口だった」 勇者「あれ?」 王子「何やってるんですか!そらのマントは、ちゃんと装備しなくちゃだめですよ。持っ ているだけではだめなんです!!」 勇者「あはは、うっかりしてたよ」 王女「うっかりじゃ、済みませんわよ」 勇者「……ともかく、コマンドを開いて、『そらのマント』を装備してと……よし、これ でよし!さあ、再挑戦だ」 王子「まったく……」 ナレ「ふたたび塔を昇りはじめる」 勇者「おおお、メタルスライムが現れたぞ。やっつけろ!」 ナレ「初のメタルスライムの登場に興奮する勇者」 王女「やった!ダメージ1与えたわ」 勇者「いいぞ、次は王子の番だな」 ナレ「王子の攻撃。会心の一撃!メタルスライムを倒した」 勇者「でかした!王子もやるな!!」 ナレ「1015ポイントの経験値をかくとく。全員それぞれレベルアップした」 勇者「みろ、こうなることを予測して塔から落ちたんだよ」 ナレ「ここぞとばかりに、言い訳を正当化する勇者」 勇者「よし、再び頂上に来たぞ!かぜのマントは……よし!ちゃんと装備してるぞ」 王子「だったら飛ぶのみです」 王女「ちょっと怖いです」 勇者「よし!行けえ~!!」 ナレ「ちなみに飛び降りる時は、塔の北側に向かって跳ぶようにしましょう。西側に飛ぶ と、塔の入り口に戻ってしまいます」 ポチッとよろしく! 11

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス Ⅲ | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・12 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス Ⅲ | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・12 »