最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・9 | トップページ | 銀河戦記・鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ Ⅲ »

2020年2月 7日 (金)

冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・10

冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・10

勇者「ふう、やっとこたどり着いたぜ」 王子「これからが正念場ですよ」 勇者「おまえが、リレミト覚えてくれていれば楽だったのだが……ま、死ぬ気で行くっき ゃないな」 王女「死ぬ気なんていやですよ」 勇者「塔を登っていくうちに、リレミト覚えるだろうさ」 王子「急かさないでくださいよ」 勇者「とにかく入るぞ!」 王女「はい!」 ナレ「こうして序盤の最難関というべき、風の塔攻略に上り始めたのであった」 勇者「お、早速NPCの登場だぞ」 衛兵「塔のがいへきの通路を歩く時は、足元に気をつけろよ。」 勇者「いいえ、と答えたら?」 衛兵「なんと、足を踏みはずして落ちてもいいのか!?そんなにむてっぽうではこの先の 旅が思いやられるぞ。」 王子「はい、と答えると?」 衛兵「なかなか素直なヤツだな。さてはもう足をふみはずして落ちたことがあるのだろ う。」 王女「何を遊んでいるのですか!」 勇者「王女はまじめだなあ」 王女「これが普通です!」 王子「ところで勇者さん」 勇者「ん?」 王子「片手に何を持ってらっしゃるのですか?冊子のようですが」 勇者「あ、これね。攻略本だよ、塔内のマップを見てるんだ」 王子「そんなズルしていいんですか?私たち、冒険しているんですよね……?」 勇者「何を言うか!こんな入り組んだマップじゃ直ぐに迷子になるぞ。攻略本なしではお 目当てにたどり着けるか!!」 王女「いい加減なんですね」 勇者「いい加減、結構じゃないか」 ナレ「こうして、勇気と知性ならぬ、攻略本のおかげで無事に『風のマント』を入手した のであった」 勇者「ようし、この調子で最上階にある『いのりのゆびわ』も手に入れるぞ!」 ナレ「レベルアップも兼ねて、塔の宝箱アイテム集めを続ける」 勇者「いのりのゆびわGET!まあこんなもんだろう。塔を出るとしよう」 ナレ「作戦会議?のために、一旦サンペタに戻ってきた」 勇者「さて、これからどこへ向かうべきか?情報はどうなっているか」 王子「済みません……。サンペタの後については、メモがないです」 勇者「そうか……。行き当たりばったりで行くしかないか」 王女「サンペタから西の方角へ道なりに進んでいくよりないでしょう」 勇者「そうだな。そちら方面はまだ行っていなかったな」 王子「装備を整えてから出発しましょう」 ポチッとよろしく! 11

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・9 | トップページ | 銀河戦記・鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ Ⅲ »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・9 | トップページ | 銀河戦記・鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ Ⅲ »