最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・20 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス V »

2020年2月22日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第五章 アル・サフリエニ V

第五章 アル・サフリエニ
                 V

 妹の自殺の知らせを、レイチェルから聞かされた時、ゴードンは号泣したという。
 唯一無二の肉親であり、幼少から自分が育ててきた可愛い妹の死は、連邦に対する激し
い憎悪となって燃え上がり、彼を復讐鬼へと変貌させてしまったのである。
 妹の無残死のことを知っている参謀達は同情し、彼の狂気を止めることはできなかった。
「敵艦隊全滅しました」
「よし。惑星に降下して、地上に残る連邦兵士も一人残らず一掃しろ」
 降下作戦が実行され、連邦兵士は掃討されていった。
 カルバキア共和国首都星ニーチェのハーマン・ノルディック大統領と会見するゴードン。
「いやあ、あなた方が救援に来てくださって、助かりました。感謝いたします」
「当然のことをしたまでです。連邦軍は徹底的に排除すべきです」
「しかし投降した艦まで攻撃を続けて撃沈したのは感心しませんね」
「我々には捕虜を収容するだけの余裕はありませんし、逃がしてやれば、態勢を整えてま
た舞い戻ってきます」
「国際条約に違反するのでは?」
「条約違反? 違反しているのは奴らの方じゃないですか。占領政策として連邦憲章にも
とずく新政策を実施しました。個人の自由を完全に無視している。連邦では当然のことで
しょうが、共和国においては何者にも束縛されない自由があったはず。それを連邦は……。
占領下にある女性達は、連邦の兵士相手に妊娠を強制されるという極悪非道の扱いを受け
ています。それを知らないと言うのですか?」
「いや、それは良く存じております。我が国の女性達もその制度を強要されるところでし
た。それがために救援要請を行ったのですから」
「奴らは自分達の国の制度が一番と信じて疑わず、占領した国家の制度をことごとく改変
しています」
「信じて疑わないから太刀が悪いですね」
「連邦の人間など抹殺されて当然です」
 それから二人は実務会議へと入った。
 カルバキア共和国の自治を将来に渡って維持するために、ウィンディーネ艦隊の一部を
駐留させる事。カルバキアは、ウィンディーネ艦隊への燃料・弾薬・食料の補給の義務を
負うこと。カルバキアの鉱物資源の採掘権の一部割譲などが取り交わされた。
 カルバキアにとっては不利な条件ではあるが、連邦の脅威が続いている以上、承諾する
よりなかったのである。
 鉱物資源大国カルバキア共和国を友好国とし、鉱物採掘権を得た。鉱物は精錬して含有
金属を取り出さなければならない。さらに造船所を確保して新造戦艦を建造して艦隊の増
強も図りたい。
 こうしてゴードンが次なる友好国とする候補が上がった。
「カレウス星系惑星トバへ行くぞ」
 惑星トバは、一惑星一国家という小さな国家ではあるが、鉱物資源を輸入して精錬加工
して輸出するという重金属工業都市であった。精錬した金属から戦艦を建造することので
きる造船王国でもあった。
 技術立国にとって、技術者がどれだけ大事だかは、フリード・ケースンのことを考えれ
ば一目瞭然のことであろう。たった一人で戦艦を開発設計できる能力者を失えば大きな痛
手となる。そして幸いにもそのフリードはタルシエン要塞に在中であるから、戦艦の開発
設計をやってもらい、惑星トバにて建造する。ゴードンの脳裏にはそういったプランが出
来上がっていたようである。
 しかしながら惑星トバは、共和国が滅んだ時逸早く連邦に組みして、自治権を確保して
いる。連邦としては無理に占領して、有能な技術者が逃亡するのを恐れて、自治権を認め
てその工業力を掌握することにしたのである。
 当然ながら、連邦はそれ相応の駐留艦隊を配備していた。
ポチッとよろしく!

11

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・20 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス V »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・20 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第六章 新造戦艦サーフェイス V »