最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅶ »

2020年10月31日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 VI


第九章 共和国と帝国

VI

 

 銀河帝国皇太子として、やるべきことが山積みのアレックス。
 ジュリエッタ皇女の勧めもあって、ひとまず帝国に戻ることにした。
 トランターの事は、ルーミス・コール大佐に任せることにしたのである。

 

 トランター空港の高官専用発着場に、ジュリエッタ第三皇女専用の連絡艇が駐機してい
る。
 紫紺の絨毯が敷かれている上をアレックスが、その後ろに控えるようにジュリエッタと
マーガレットが歩みゆく。
 その両側に並ぶアレックスの配下の者と、銀河帝国大使以下の職員たち。
 アレックスが、それらの人々に一言二言話しかけながら、タラップに近づいてゆく。
 最前列に並んでいたスザンナ・ベンソンに話しかける。
「済まないが予定通りよろしく頼む」
「はい。指図通りに」
 思惑ぶりな挨拶を交わした後、連絡艇のタラップを上がる。
 やがて勇壮と空へと舞い上がり、宇宙の彼方へと消え去った。

 

 見送りを終えたスザンナは、踵を返してサラマンダー用連絡艇へと歩いていった。
「出航準備完了しております」
 タラップ入り口で迎えていた副長が報告する。
「よろしい。直ちにタルシエン要塞に向けて出発する」
「はっ!タルシエン要塞ですね」
 指令を復唱するも、意味ありげに口元が綻(ほころ)んでいた。

 

 

 帝国首都星アルデラーンへ向かう帝国艦隊。
 とはいっても、ジュリエッタ坐乗の巡洋戦艦インビンシブル、マーガレット坐乗の航空
母艦アーク・ロイヤルを含む総勢200隻ばかりの艦数である。
 遠征艦隊であるがために、いつまでもトランター周辺に留まっていては、食料をはじめ
として駐留経費が莫大になるからである。
 トランターの解放は成功したし、地方では自治領主達の簒奪も起こっている。
 がために、必要最低限の艦艇を残して、帝国へ帰還させていたのである。

 

 アレックスはインビンシブル艦橋の貴賓席に座っていた。
 ジュリエッタ第三皇女は、その席の側に控えて立っていた。反対側にはパトリシアが。
 銀河帝国の権威第二位である皇太子、皇帝亡き今はアレックスが実質上の最高権威者で
あることには間違いがない。
 上位であるアレックスに席を譲るのは当然であろう。
「定時報告です。只今トランターとアルデラーンとの丁度中間点に到達しました。
「よろしい。そのまま巡行せよ」
 ジュリエッタが応える。

 

「そろそろかな……」
 と呟いたかと思うと、通信士が報告した。
「共和国から連絡が入りました」
「分かった。こっちの手元に回してくれ」
 手元の通信端末の送受話器を取って会話する。
「ふむ……。分かった、そのままの態勢を続けて、連絡あり次第いつでも行動できるよう
にしておいてくれ」
 というと、送受話器を置いて通信を終了した。

 

「今の通信は?」
 ジュリエッタが尋ねるが、
「なあに定時報告通信だよ」
 と言葉を濁した。
「この辺りは、連邦軍の残党がまだ残っているはずだ。警戒は怠るなよ」
「御意にございます。索敵機など、十分すぎるくらいに配置しております」
「それなら結構」
 ややあって、通信士が緊張した声で報告する。
「索敵機より入電。前方二時の方向に感あり!」
「識別信号は出しているか?」
 ホレーショ・ネルソン提督が確認する。
「出しておりません。帝国及び共和国同盟の味方信号なし!」
「どうやら、敵と見てよいな。全艦戦闘配備!」
 ネルソン提督がジュリエッタをチラリと見て下令する。
 提督の権限は戦闘準備までは自分の範囲内にあるが、戦闘開始の命令権限はジュリエッ
タにある。

 

「さておき……。今回の帰還ルートは帝国には?」
「知らせております。中立地帯の手前で、護送艦隊がお迎えに来る手はずになっておりま
す」
「やはりね」
「内通者……ですか?」
「どうやら帝国には、私に生きていてもらっては困る連中がいるようからね」
 摂政派……。
 言葉には出さなかったが、艦橋内にいた者の多くが思い当たることだった。
 二度あることは三度ある。

ポチッとよろしく!

11

 

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅶ »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅶ »