最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月14日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅷ

第九章 共和国と帝国

「敵艦隊、右翼に展開中です」
「どうやら、こちらに気付いたようです」
「敵艦の艦体温度上昇中!」
「戦闘態勢に入ったようです」
「識別信号は?」
「今なお出しておりません。完全無視です」
「敵艦隊およそ六百隻。我々を包囲しつつ接近中!」
 ここに至ってアレックスが動く。
「そうか……全艦戦闘配備!アーク・ロイヤルへ、艦載機全機発進!」


「敵さんは、こちらの勢力が二百隻と知って、六百隻にしたのかな?」
「艦隊数で三倍差があれば、たいがい勝ちますよね。ということは、事前にこちらの情報
を得ていた可能性大ですね」
 パトリシアが推測する。
「より多ければ勝利の確率も上がるが、隠密を是とする行動ではそうもいかんだろ。探知
されるのを防ぐためにも必要最低限というところだ。こちらが戦闘経験の少ない帝国軍だ
と甘くみているようでもあるがな……」
「提督が指揮を執られれば、それでも大丈夫なのでは?」
「ジュリエッタ艦隊とマーガレット艦隊の精鋭であることに違いはないのだがね」
「双方とも戦闘の経験は、ある程度あるはずです」
「それでも相手が連邦軍の残党だったら、百戦錬磨の経験があるだろう」
「殿下。その残党だか海賊だかは、やはり帝国側の息が掛かっているのは間違いないので
しょうか?」
 ジュリエッタが尋ねた。
「ああ、間違いないだろうね。私を一番煙たがっているのは誰かと考えればね」
「摂政派の貴族ということですか?」
「うむ……連邦は革命後の動乱で他国に干渉するだけの余裕はないだろう」

 スクリーン上に、艦載機群の戦闘によると思われる戦火の輝きが明滅する。
「はじまったな」
 その間隙を縫って、敵長距離ミサイルが迫ってくる。
「ミサイル接近中!」
「弾幕を張れ!」
 ネルソン提督が、すかさず下令する。
 近接防御火器システム(CIWS)が、迫りくるミサイル群を次々と撃ち落とした。
「前方の艦載機群の戦闘が終了したようです。敵機のほとんどは撃ち落とし、残りは撤収
したもよう」
「敵さんは空母を持ち合わせていなかったようだな」
「足の遅い空母は奇襲には向かないですからね」
「戦闘機を帰還させてくれ」
 戦闘機による攻撃が終われば、続いて艦砲射撃が始まる。
「敵艦隊接近中!」
「射程に入り次第、砲撃開始せよ」
「紡錘陣形!装甲の厚い戦艦を外側に配置して、この艦を守れ」
 ネルソン提督が、テキパキと指令を出し続ける。
 よほど間違った指令でもない限り、アレックスは黙って、指揮を任せていた。
 ジュリエッタ皇女艦隊の総司令官はネルソン提督である。
 それなりに自尊心もあるだろう。
 とはいえ、二百隻対六百隻では多勢に無勢、次々と撃破されてゆきジリ貧なりつつあっ
た。
 突如として、一隻の艦が特攻を仕掛けて来た。
 目の前に急接近する艦に怯えるオペレーター達。
 ぶつかると思った瞬間、味方艦が横から体当たりして、その特攻艦を排除した。
 安堵の吐息を漏らすオペレーター達。

「敵艦隊、我が艦隊を半包囲しました」
 着々と敵艦隊の包囲陣が完成しつつあった。
 いわゆる絶体絶命というピンチというところであろう。
 そんな中でも、全く動じずに冷静に振舞っているアレックスに、艦橋の人員は頭を傾げ
るしかない。
 共和国同盟の英雄とて、この状態を打破できるのだろうか?
 疑心暗鬼になり、逃げだしたくなるのだった。
 しかし、当の本人は冷静沈着だった。

「そろそろかな……」
 アレックスは呟き、手元の通信機を操作した。
「よろしく頼むよ」
 と一言送って通信を切った。
「今の通信は?」
 ジュリエッタが尋ねると、
「救援を頼んだのだよ」
「救援ですか?」
「そのうちに分かるさ」
 その直後だった。

「敵艦隊の後方に感あり!」
 オペレーターが報告する。
「援軍か!?敵か味方か?」
「敵の通信妨害で確認できません!」



11

2020年11月 7日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅶ

第九章 共和国と帝国

 その頃、アレックス坐乗するインビンシブルの後方で、密かに行動する艦隊があった。
 スザンナ・ベンソン少佐率いる旗艦艦隊二千隻である。
「輸送艦サザンクロスに、P-300VX特務哨戒艇を出して前方を索敵させて下さい」
 サラマンダーから支持を下すスザンナ。
 輸送艦サザンクロスは、タルシエン攻略の際に次元誘導ミサイルを搭載していた艦であ
る。今回の巡行には、P-300VXを積んでいた。
*参照 タルシエン要塞攻防戦
 歪曲場透過シールド発生装置を搭載して、電磁波はおろか光さえも透過させて敵に探知
されないという、戦艦百二十隻相当の予算が掛かっている秘密兵器である。
 サザンクロスからP-300VXが降ろされて、前方の彼方へと滑るように発進した。
 電子装備やら時空歪曲場シールドやらが、エネルギーを馬鹿食いするので長距離は飛べ
ず、索敵出動時以外は輸送艦に積まれて待機しているのである。
「P-300VX、インビンシブルの後方32光秒の位置に着きました」
「敵艦出現想定位置からの索敵範囲圏外になります」
「よろしい。そのまま待機せよ」
 獲物を狩るハンターのように、息を潜めてじっと待ち続ける。

 アレックスがトランターを出発する数時間前のことだった。
 呼び出されてアレックスの元を訪れたスザンナ。
「君に極秘の任務を与える」
「はい!!」
「私は、インビンシブルで帝国に出発する」
「サラマンダーではないのですか?」
「そうだ。私が以前に、帝国からアルビエール侯国へ向かう時に、海賊艦隊に襲われたこ
とがある」
「すると今回も海賊が?」
「それだよ。しかし、サラマンダー艦隊が連れ添っていれば、海賊は現れないだろう。わ
ざと防御を手薄にして見せることで、敵さんをおびき寄せることができるというものだ」
「内通者がいると?」
「おそらく、ジュリエッタ艦隊の中に紛れ込ませているだろう。そして、逐一艦隊の位置
座標を知らせる発信機かなんかを持っているはずだ。宇宙は広すぎる、予定進行ルートが
判明していても、それだけでは遭遇することは不可能だ」
「なるほど」
「それで、サラマンダーで後ろからサポートしてくれ」
「わかりました」
「まず最初に、P-300VXで通信傍受して、内通者のいる艦を特定して、インビンシ
ルの私に報告してくれ」
 さらに、綿密な作戦が伝達される。


 サラマンダー艦橋の正面スクリーンを見つめているスザンナ。
 そのはるか先には、アレックスの乗るインビンシルがいる。
 自ら囮となって、仇なす見えない敵をおびき出す計画。
 そして、その掃討のために、サラマンダー艦隊を預けてくれた。
 責任重大であるが、その絶大なる信頼に応えようと誓うスザンナだった。
「VXより入電。前方二時の方向に感あり!」
「識別信号は出していますか?」
「出しておりません。帝国及び共和国同盟の味方信号なし!」
「どうやら、敵と見てよいですね。全艦戦闘配備をしておきましょう。提督の合図次第で
す」

「それにしても、こうやって秘密裏に行動するってのはいかがなものでしょう?」
「提督は、これまで二回も海賊に襲われていますからね」
「帝国首都星アルデラーンとアルビエール侯国との往来でですね」
「そうです。今回の道行きにも、提督いえ、皇太子を亡き者にしようと企む摂政派の一派
が蠢いている可能性大です」
「大艦隊で移動していればともかく、少部隊ならば好機とするでしょうね」


「もう一度確認しておきます。敵の旗艦もしくは指揮艦は撃沈させずに、航行不能にして
鹵獲して下さい。指揮官を捕虜にして、黒幕を白状させるのです」
「接近接弦装備の確認」
「白兵準備!」


ポチッとよろしく!

11

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »