最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 VI | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅷ »

2020年11月 7日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅶ

第九章 共和国と帝国

 その頃、アレックス坐乗するインビンシブルの後方で、密かに行動する艦隊があった。
 スザンナ・ベンソン少佐率いる旗艦艦隊二千隻である。
「輸送艦サザンクロスに、P-300VX特務哨戒艇を出して前方を索敵させて下さい」
 サラマンダーから支持を下すスザンナ。
 輸送艦サザンクロスは、タルシエン攻略の際に次元誘導ミサイルを搭載していた艦であ
る。今回の巡行には、P-300VXを積んでいた。
*参照 タルシエン要塞攻防戦
 歪曲場透過シールド発生装置を搭載して、電磁波はおろか光さえも透過させて敵に探知
されないという、戦艦百二十隻相当の予算が掛かっている秘密兵器である。
 サザンクロスからP-300VXが降ろされて、前方の彼方へと滑るように発進した。
 電子装備やら時空歪曲場シールドやらが、エネルギーを馬鹿食いするので長距離は飛べ
ず、索敵出動時以外は輸送艦に積まれて待機しているのである。
「P-300VX、インビンシブルの後方32光秒の位置に着きました」
「敵艦出現想定位置からの索敵範囲圏外になります」
「よろしい。そのまま待機せよ」
 獲物を狩るハンターのように、息を潜めてじっと待ち続ける。

 アレックスがトランターを出発する数時間前のことだった。
 呼び出されてアレックスの元を訪れたスザンナ。
「君に極秘の任務を与える」
「はい!!」
「私は、インビンシブルで帝国に出発する」
「サラマンダーではないのですか?」
「そうだ。私が以前に、帝国からアルビエール侯国へ向かう時に、海賊艦隊に襲われたこ
とがある」
「すると今回も海賊が?」
「それだよ。しかし、サラマンダー艦隊が連れ添っていれば、海賊は現れないだろう。わ
ざと防御を手薄にして見せることで、敵さんをおびき寄せることができるというものだ」
「内通者がいると?」
「おそらく、ジュリエッタ艦隊の中に紛れ込ませているだろう。そして、逐一艦隊の位置
座標を知らせる発信機かなんかを持っているはずだ。宇宙は広すぎる、予定進行ルートが
判明していても、それだけでは遭遇することは不可能だ」
「なるほど」
「それで、サラマンダーで後ろからサポートしてくれ」
「わかりました」
「まず最初に、P-300VXで通信傍受して、内通者のいる艦を特定して、インビンシ
ルの私に報告してくれ」
 さらに、綿密な作戦が伝達される。


 サラマンダー艦橋の正面スクリーンを見つめているスザンナ。
 そのはるか先には、アレックスの乗るインビンシルがいる。
 自ら囮となって、仇なす見えない敵をおびき出す計画。
 そして、その掃討のために、サラマンダー艦隊を預けてくれた。
 責任重大であるが、その絶大なる信頼に応えようと誓うスザンナだった。
「VXより入電。前方二時の方向に感あり!」
「識別信号は出していますか?」
「出しておりません。帝国及び共和国同盟の味方信号なし!」
「どうやら、敵と見てよいですね。全艦戦闘配備をしておきましょう。提督の合図次第で
す」

「それにしても、こうやって秘密裏に行動するってのはいかがなものでしょう?」
「提督は、これまで二回も海賊に襲われていますからね」
「帝国首都星アルデラーンとアルビエール侯国との往来でですね」
「そうです。今回の道行きにも、提督いえ、皇太子を亡き者にしようと企む摂政派の一派
が蠢いている可能性大です」
「大艦隊で移動していればともかく、少部隊ならば好機とするでしょうね」


「もう一度確認しておきます。敵の旗艦もしくは指揮艦は撃沈させずに、航行不能にして
鹵獲して下さい。指揮官を捕虜にして、黒幕を白状させるのです」
「接近接弦装備の確認」
「白兵準備!」


ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 VI | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅷ »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 VI | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅷ »