最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅹ | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅰ »

2020年12月 9日 (水)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅺ

第九章 共和国と帝国
XI ミストへ


 サラマンダー艦橋では、海賊から搾取した通信記録媒体の解析が続けられていた。
 スザンナ・ベンソン少佐が報告する。
「提督、通信記録から海賊の基地らしき座標が得られました」
「位置が特定できたのか?」
「はい。五光秒前後の誤差ではありますが、中立非武装地帯の中です」
「う……む。中立地帯か……。戦闘行為が禁止され、軍事施設を設置することも禁
止されてはいるのだが……」
「海賊には通用しませんよ」
「まあな」
「P-300VXを派遣して調査しますか?」
「だめだ。基地の防衛能力や索敵レンジが未知数な現状では、戦艦が立ち入りでき
ない空域に、例えP-300VXでも単独では派遣できない。巡航速度や航続距離
の問題があるからな」
「万が一見つかったりしたら逃げられず、極秘の最新鋭機を敵に渡すことになりま
すか」
「海賊基地の詳細が分かるまでは、このまま知らぬふりをしておこう。位置が分か
っていれば通信傍受もできるし、いずれ詳細も手に入るさ」
「分かりましたが、通信傍受と申されましても」
「手ごろな場所があるじゃないか」
「手ごろな場所?」
「デュプロス星系惑星カリスの衛星ミストだよ」
「連邦艦隊が進軍してくるのを、提督がミスト艦隊を指揮して撃退した、あの衛星
ミストですね?」
「ああ、中立地帯近くに補給基地があるだろう。そこに通信傍受の設備を設置させ
て貰おうじゃないか」
「なるほど、提督の願いなら聞き届けて貰えそうですね」
「そこで、君がミストへ赴き事の次第を了承して貰ってくれ。私の親書を持たせる」
「分かりました。ノームを使わせて頂きます」
 高速戦艦ノームは、サラマンダーの同型艦であり、旗艦艦隊の旗艦となっており、
スザンナの乗艦である。
「通信技術主任として、アルヴァン・アルメイダ大尉を連れていってくれ。役に立
つはずだ」


 数時間後、サラマンダーから離れてゆくノームと随行二百隻の艦艇があった。
「まもなく、デュプロス星系に入ります」
「衛星ミストへの進入コースを設定せよ」
 デュプロス星系は、二つの超巨大惑星を従えた恒星系である。
*参照 第二部 第二章 ミスト艦隊
 目指すは、第一惑星カリスの衛星となるミストである。
 超巨大ガス状惑星カリスは、太陽系木星の二十倍の大きさを持ち、衛星のミスト
が唯一人間の居住できる星となっている。
 衛星ミストの地上に降り立てば、天空には恒星ミストと、その光を反射して輝く
惑星カリスが浮かんでいるのが見えるはずだ。
「ミスト艦隊のお出迎えです」
「相手方より入電です」
「繋いでください」
 通信用パネルスクリーンに浮かび上がったのは、以前にも出迎えたミスト艦隊司
令官のフランドール・キャニスターであった。
「ご来訪の目的をお伺いしましょうか?」
「ランドール提督の全権大使として来ました」
「提督はご一緒ではないのですね?」
「はい」
 スザンナは、副官のキャロライン・シュナイダー少尉を連れて、ミスト旗艦へと
向かった。
「ランドール提督の親書をお渡しします」
「親書ですか?」
 親書を受け取り、中身を読み終えて、
「なるほど、通信では傍受される恐れがあるからですね」
 来訪の目的を納得した。
「はい。我々が通信傍受することを、敵側に察知されてはいけないのです」
「海賊達が行動する時、通信連絡するのを傍受して、その基地の位置を特定しよう
とは、さすがに提督だけありますね」

 ミスト側の了承を得て、ミスト本星と補給基地の二カ所に、早速通信傍受施設が
設置された。離れた二カ所で受信すれば、より良い正確な位置が特定できるからで
ある。
 通信士と設備要員を残して、スザンナの部隊はアレックスの本隊へと向かった。


« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅹ | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅰ »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅹ | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅰ »