最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

他のアカウント

銀河戦記/鳴動編

2022年7月11日 (月)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅷ

第十章 反乱

 ヘルハウンド艦橋。
「集中して機関部を狙え! 動きを止めるのだ! 撃沈してはならない」
 アレックスが、次々と指令を出している。
「隊長機以外は相手にするな!」
 同じ共和国同盟軍であり、元はアレックスの子飼いともいうべき部下だった者た
ちだ。
 極力被害の少なくなるように、撃沈させずに行動力だけを削ぎ落す戦法を繰り広
げていた。
 たとえ戦艦が何万隻あろうとも、指揮統制が乱れていては、その戦力を十分に発
揮できない。
 隊長機だけを狙い撃ちにして、艦隊の混乱を誘い出す戦法である。
 ちょこまかと動き回る小隊を、撃ち落とすのは困難だった。
 下手に迎撃しようとすると、同士討ちになってしまう。
 元祖伝家の宝刀ランドール戦法の真骨頂であった。
 なすがままのウィンディーネ艦隊であった。

 ウィンディーネ艦内では、あちらこちらで火災が発生していた。
 その原因は、各ブロック隔壁扉の閉め忘れだった。戦闘中の基本の基本が守られ
ていなかった。
 戦えば連戦連勝で気が緩んでいたとしか言えない。
 日頃の防火訓練などが疎かになっていたのだ。
 一カ所で火の手が上がったのが、次々と別の区画へと飛び火し、連鎖的に火災が
広がったのである。
「だめです! 消火が間に合いません!」
 そしてついに、火薬庫に燃え移った。
 激しく爆発を繰り返すウィンディーネ。
 苦々しく発令するゴードン。
「総員退艦せよ!」
 もはや、ウィンディーネを救う手立てはなかった。
 次々と退艦する乗員達。
 その姿を艦橋から見つめるゴードン。
「乗員の退艦はほぼ終了しました。閣下も退艦してください」
 シェリー・バウマン大尉が進言するが、
「いや、俺はここにいるよ」
 と退艦拒否の姿勢を見せる。
「何をおっしゃいますか! 閣下がいなければ、これまで従ってきた将兵達はどう
なると思いますか?」
 反乱を起こした将兵には、当然審問委員会に掛けられることとなる。
「責任を放棄なさるとおっしゃるのですか? 閣下には生き残って、その責任をと
る義務があります」
「責任と義務か……」
「ランドール提督は聡明なお方です。どんな理由であれ、部下を見放したりはしな
いでしょう。ここは退艦して、捲土重来(けんどちょうらい)をおはかりください」
「捲土重来か……」
「どうしても残られるとおっしゃるなら、私もご一緒します」
「何を言うのか。君が責任を取る必要はない」
「いいえ!」
 キッと睨め付けるようにゴードンを凝視するシェリーだった。
 このまま梃子でも動かぬだろうと、困ったゴードンの方が折れた。
「分かったよ。退艦しよう」
「では、こちらに。艀を用意してあります」
 シェリーの説得により、ゴードンも退艦して、無人となったウィンディーネ。
 ついにその最期を迎えることとなった。
 悲鳴を上げるように爆発炎上する。




↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

2022年2月19日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅶ

第十章 反乱

 ウィンディーネ艦橋。
 正面スクリーンには、敵たるサラマンダー艦隊及び帝国艦隊の配置が示されている。
「敵艦隊の総数は、およそ一万二千隻!」
 レーダー手が報告する。
「どうやら退く気配はありませんね」
 副官のシェリー・バウマン大尉が意外な表情をしている。
「これだけの艦数差をもってしても前進してくるということは、何か策を練ってい
るはずだ」
「ランドール戦法ですかね」
「それはこちら側も本望だ。どちらが上手か見せつけてやろう」
 その自信はどこから来ているのだろうか?
 これまでの戦いで、先鋒として敵陣に突撃して主に戦闘の要として戦ってきた歴
史がある。
 一方のアレックスは、旗艦サラマンダーにいて後陣にいることが多かった。
 実際の戦歴では、ゴードンのウィンディーネの方がはるかに功績を立てていたの
ある。
 一対一の艦と艦の戦いとなれば、アレックスのサラマンダーに勝ち目はないだろう。

「敵側より入電!ランドール提督が出ておられます」
「スクリーンに出せ!」
 目の前に、敵側となったアレックスが映し出された。
「こうなってしまえば、双方とも言い訳は無用だろうな」
「その通り」
「ならば手加減なしで戦おうじゃないか」
「望むところだ」
「それでは」
 アレックスが敬礼するのを見て、ゴードンも敬礼を返す。
 そして通信が途切れて、星の海の映像に変わった。
 アレックスもゴードンも、お互いの性格はよく分かっていた。

「全艦戦闘配備!」
 ゴードンが指令を下す。
 ついにかつての旧友同士が戦いの火蓋を切ることになったのだ。
「全艦戦闘配備!」
 副官が復唱した時だった。
 突然、艦が激しく振動した。
「何だ?今のは?」
「攻撃です!」
「艦尾損傷!」
「報告しろ!」
「只今、損傷状態を確認中です!」
 やがて報告が返ってくる。

 あたふたとしている艦橋の正面スクリーンに、見慣れた艦影が映り込んだ。
「あ、あれは!」
 副官のバネッサが指さして叫んだ。
 その艦は、艦体に火の精霊「サラマンダー」を配していた。
 火の精霊を描いているのは、旗艦サラマンダーの他には、隠れたもう一つの旗艦
である巡航艦『ヘルハウンド』しかない。
 ランドール艦隊が、別名としての『サラマンダー艦隊』を称することとなった由
来である、暗号名「サラマンダー」を冠していた。
 ハイドライド型高速戦艦改造Ⅱ式が、アレックスの乗艦となり旗艦となる前の旗
艦であり、今でも旗艦としての登録は抹消されていない。




↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

2022年1月15日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅵ

第十章 反乱

 漆黒の宇宙を進む艦隊。
 サラマンダーを中心に、左翼にマーガレット皇女艦隊、右翼にジュリエッタ皇女
艦隊、合わせて一万二千隻。
「まもなく、アルサフリエニに到着します」
 艦橋に緊張が走る。
 いつどこからゴードンのウィンディーネ艦隊が襲い掛かるかも知れないからである。
 すでにゴードンは敵とみなして行動するしかない。

 やがて前方に、多数の艦隊が出現した。
「お出迎えだ」
 アレックスがぼそりと呟いた。
「ウィンディーネ艦隊のようです」
 パトリシアが応える。
「正々堂々と真正面決戦を挑んでくるようだな」
「相手は、持てるすべての七万隻を投入してきたもようです」
「対してこちら側は、旗艦艦隊二千隻と帝国艦隊一万隻か」
「数で圧倒して戦意を喪失させようとしているのでしょう」
「正直ゴードンも、できれば戦いたくないと思っているはずさ。ま、尻尾を巻いて
逃げかえれと言っているのだろうな」
「どうなされますか?」
「逃げかえるわけにもいくまい。巡航艦ヘルハウンドを呼んでくれ」
「ヘルハウンド!?」
 その艦は、ミッドウェイ海戦のおり、アレックス指揮の下索敵に出ている最中に、
敵の空母艦隊と遭遇し、これを完膚なきまでに叩き潰して撤退に至らせた名艦中の
名艦である。
 幾多の戦いを潜り抜けて、今日まで生き残ってきた『サラマンダー』という暗号
でも呼ばれた通り、今の今でも旗艦登録されている。
 その艦体には、火の精霊サラマンダーの絵が施されている。
「まともに戦っては全滅するしかない。ここは自分の得意戦法しかない」
「まさか、アレをおやりになさるのですか?」
「他にないだろう。マーガレットとジュリエッタを呼んでくれ。作戦を伝える」

 それから数時間後。
 ヘルハウンドに乗艦するアレックスを歓待する艦橋オペレーター達。
「提督!お久しぶりです」
 ヘルハウンドに乗るのは、惑星ミストでの戦闘を終えて帰還する時に乗艦して以
来のことである。
「また、おせわになるよ」
 艦長のトーマス・マイズナー少佐に語り掛ける。
「歓迎します」
 といいながら指揮官席を譲るマイズナー。
 少佐なら一個部隊を率いてもよさそうなのであるが、マイズナーはヘルハウンド
の艦長という名誉職を辞したくなかったのである。
 何せその艦体には、英雄の象徴である火の精霊『サラマンダー』が描かれている
のだから。サラマンダー艦隊という呼称の元祖だった。
 アレックスは、その思いを酌んで艦長職を続けさせている。
 本来の自分の艦長席に戻る。
 この席も最初は、スザンナ・ベンソン准尉が座っていた席でもある。
 スザンナが少佐となり、アレックスの招聘を受けて旗艦部隊司令に叙されて、そ
の後釜に入って以来ずっとこの席を守り続けていた。
「各艦長が出ております」
 正面のパネルスクリーンに、分割されて各艦長の映像が出ていた。
「再び一緒に戦えるのを光栄に思います」
「提督のご指示に従います」
「オニール提督とて敵となれば戦います」
 などと戦いの前の思いを語っていた。
「これより恒例のドッグファイトをやるぞ。みんな気合は十分か?」
 艦橋内に響き渡るようにアレックスが大声を上げる。
「おお!」
「いつでもどうぞ!」
 同様にオペレーター達も、片手を上に挙げて大声で返す。
 闘志は十分だった。
「よろしい!微速前進!」
 巡航艦ヘルハウンドと十二隻の艦艇が密かに艦隊を離れてゆく。
 ミッドウェイ海戦に参加した精鋭部隊である。


↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v



ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

2021年12月17日 (金)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 V

<div style="line-height: 30px;"><br />第十章 反乱<br /><hr />Ⅴ<br />
<p> </p>
<p> </p>
 共和国同盟から独立宣言をしたアルサフリエニ共和国は、鉱物資源豊富なカルバ<br />キア共和国、重金属工業都市国家惑星トバ、そして防衛軍事基地のカラカスを拠点<br />とする連合共和国である。<br /><a href="http://i-erika.com/ginga/ginga_105.html">*参照 第二部 第五章 アルサフリエニ</a>
<p> </p>
 カラカス基地に軍令部総本部を置いたゴードン・オニール。<br />「こんな事になるなら、軌道衛星砲を外すべきじゃなかったな」<br /> 司令室の窓から上空を見つめながら呟くゴードン。<br />「あの時は、カラカスは放棄する予定でもありましたからね」<br /> 副官のシェリー・バウマン大尉が応える。<br />「タルシエン要塞のガデラ・カインズ准将から何度も会見の要請が出ております」<br />「会っても無駄だろう。見解の相違は変わるものでない」<br /> その表情は、かつて『皆殺しのウィンディーネ』と呼ばれ、バーナード星系連邦<br />艦隊を追撃し、降伏すらも認めず皆殺しにしたあの頃の目をしていた。<br /> 征服為政者に対するゴードンの思想は冷酷にして無情だった。<br /><a href="http://i-erika.com/ginga/ginga_105.html">銀河戦記/鳴動編 第二部 第五章 アルサフリエニ</a> 「タルシエン要塞より、銀河帝国政見放送の再放送が流されています」<br />「今更だな」<br /> ぶっきらぼうに答えるゴードン。<br />「一応視聴するだけも」<br />「勝手にするさ」<br /> アレクサンダー皇太子こと、アレックスの政権放送。<br /> やがて核心的な部分となった。<br />『共和国同盟は元の政体に戻すこととする。相当の準備期間を設けて、評議会議員<br />選挙を執り行う。概ね2年程になると思われるが、その間は軍が暫定政権を敷くこ<br />ととする』<br /> その場に居た参謀たちは、一様に耳を疑った。<br />「前回聴いたのと違っていますよ。確か以前は、<br />『共和国を帝国領に編入し貴族の所領とする』<br />とか言ってましたよね」<br />「どちらが本当の放送なのでしょうか?」<br />「今の放送は、ランドール提督が日頃から言っていた内容に近いです」<br />「しかし、権力を手にした途端に豹変して……ということは、過去の例を挙げるま<br />でもないです」<br />
<p> </p>
「放送を消せ!」<br /> 慌てて放送を消すオペレーター。<br />「我々は、共和国同盟から脱退して独立宣言したのだ。今更、尻尾を振って元の鞘<br />に納まろうとするな」<br />
<p> </p>
 やがて、ランドール提督がタルシエン要塞に入港したという情報が入った。<br />「説得しにくるのでしょうか?」<br />「帝国艦隊併せて一万数千隻を引き連れてかね?説得するつもりなら、せめて旗艦<br />艦隊だけでくるべきだろう」<br /> 旗艦艦隊だけで行こうとしたアレックスであるが、マーガレット皇女などが大反<br />対したからこその帝国艦隊引率なのであるが。<br />「何にせよ、せっかくの機会だ。一度、アレックスと一戦交えてみたいと思ってい<br />たのだよ」<br /> 自分の願望のために、部下を巻き添えにしようというのも考え物だが。</div>
<p>↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v<br /><br /><a href="https://blog.with2.net/link/?id=2054628&amp;cid=1677" target="_blank" rel="noopener"><img title="ファンタジー・SF小説ランキング" src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1677_1.gif" width="110" height="31" /></a><br /><a style="font-size: 0.9em;" href="https://blog.with2.net/link/?id=2054628&amp;cid=1677" target="_blank" rel="noopener">ファンタジー・SF小説ランキング</a><br /><br /><a href="https://airw.net/etc/rank.cgi?id=erika_k"><img src="http://i-erika.com/nifty/air_rank.gif" alt="小説・詩ランキング" border="0" /></a><br /><br /></p>
<p>
<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="00aea868.be1fe5b3.0b034a2a.082b2753";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1576913867173";</script>
<script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>
</p>
<p><a href="http://i-erika.com/"><span style="color: white;">1</span></a><a href="http://erika.girly.jp/"><span style="color: white;">1</span></a></p>
<p> </p>

2021年12月14日 (火)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅳ

第十章 反乱


 共和国同盟から独立宣言をしたアルサフリエニ共和国は、鉱物資源豊富なカルバ
キア共和国、重金属工業都市国家惑星トバ、そして防衛軍事基地のカラカスを拠点
とする連合共和国である。
*参照 第二部 第五章 アルサフリエニ

 カラカス基地に軍令部総本部を置いたゴードン・オニール。
「こんな事になるなら、軌道衛星砲を外すべきじゃなかったな」
 司令室の窓から上空を見つめながら呟くゴードン。
「あの時は、カラカスは放棄する予定でもありましたからね」
 副官のシェリー・バウマン大尉が応える。
「タルシエン要塞のガデラ・カインズ准将から何度も会見の要請が出ております」
「会っても無駄だろう。見解の相違は変わるものでない」
 その表情は、かつて『皆殺しのウィンディーネ』と呼ばれ、バーナード星系連邦
艦隊を追撃し、降伏すらも認めず皆殺しにしたあの頃の目をしていた。
 征服為政者に対するゴードンの思想は冷酷にして無情だった。
銀河戦記/鳴動編 第二部 第五章 アルサフリエニ
「タルシエン要塞より、銀河帝国政見放送の再放送が流されています」
「今更だな」
 ぶっきらぼうに答えるゴードン。
「一応視聴するだけも」
「勝手にするさ」
 アレクサンダー皇太子こと、アレックスの政権放送。
 やがて核心的な部分となった。
『共和国同盟は元の政体に戻すこととする。相当の準備期間を設けて、評議会議員
選挙を執り行う。概ね2年程になると思われるが、その間は軍が暫定政権を敷くこ
ととする』
 その場に居た参謀たちは、一様に耳を疑った。
「前回聴いたのと違っていますよ。確か以前は、
『共和国を帝国領に編入し貴族の所領とする』
とか言ってましたよね」
「どちらが本当の放送なのでしょうか?」
「今の放送は、ランドール提督が日頃から言っていた内容に近いです」
「しかし、権力を手にした途端に豹変して……ということは、過去の例を挙げるま
でもないです」

「放送を消せ!」
 慌てて放送を消すオペレーター。
「我々は、共和国同盟から脱退して独立宣言したのだ。今更、尻尾を振って元の鞘
に納まろうとするな」

 やがて、ランドール提督がタルシエン要塞に入港したという情報が入った。
「説得しにくるのでしょうか?」
「帝国艦隊併せて一万数千隻を引き連れてかね?説得するつもりなら、せめて旗艦
艦隊だけでくるべきだろう」
 旗艦艦隊だけで行こうとしたアレックスであるが、マーガレット皇女などが大反
対したからこその帝国艦隊引率なのであるが。
「何にせよ、せっかくの機会だ。一度、アレックスと一戦交えてみたいと思ってい
たのだよ」
 自分の願望のために、部下を巻き添えにしようというのも考え物だが。


↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

2021年3月14日 (日)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅲ

第十章 反乱

 ゴードン・オニール率いるアルサフリエニ方面軍が反旗を上げたことは、アルデラーンにいるアレックスの耳にも届いた。
 あまりの衝撃に言葉を失うアレックスだったが、その背景を調べるように通達した。
 やがて、タルシエン要塞から驚きの報告が帰ってきた。
 皇太子即位の儀の後に行われた記者会見のTV放映が、タルシエン要塞及びそこを中継するアルサフリエニ方面では、本放送と生中継放送とではまるで違っていたのだ。
 それが発覚したのは、念のためにアルデラーンで録画した本放送分をタルシエン要塞に送ったことで、違いが判明したのだ。
 アルデラーンでの本放送では、共和国同盟の処遇に関しては、兼ねてよりの意思として、以前の体制に復帰させることで念押ししたはずだった。しかし、中継放送では帝国に併合させると改変させられたことが判明したのだ。
 おそらくタルシエン要塞側の中継設備にハッカーが侵入して、本放送とは違う別の録画映像を流したのであろう。

「やられたな……」
 ハッカーの犯人は分かっている。
 闇の帝王と称される、ジュビロ・カービン以外にはいない。
「久しぶりに聞きましたね。その名前」
「おそらく今日あることを予期して、要塞奪還後のシステム構築の時に、侵入経路の裏口を作っておいたのだな」
「要塞コンピュータの設定に関わらせたのが仇になりましたね」
「分かってはいたのだが、一刻も早いシステム復興が必要だったのだ」
 それは、要塞を落とせば当然再奪取に艦隊を派遣してくるだろうからである。
「ハッカーという奴は、武器商人と同じだよ。どちらか一方にだけ加担するのではなく、不利になった側について戦況を盛り上げ、永遠の膠着状態にさせるのが本望なのだ。双方が疲弊してゆくのを、高見の見物しながら、裏舞台で高笑いする」

「いかがなされますか?」
「そうだな。バーナード星系連邦に最も近いアルサフリエニ方面を放っておくわけにはいかないだろう」
 内憂外患状態にある事を、連邦に悟られるわけにはいかない。
 速やかに鎮圧部隊を派遣しなければならなかった。
「しかし、今の状態では要塞駐留艦隊を動かすわけにはいきませんね」
「私が行く!」

 共和国同盟の士官としてなら、いつどこへ行こうが構わないだろうが、銀河帝国皇太子たるアレックスが、アルサフリエニ方面に進軍するとした時、マーガレット皇女などは大反対した。
 が、皇太子の意思に逆らうわけにはいかない。
「私も同行致します!」
 マーガレットが配下の皇女艦隊を引き連れて、護衛に同行すると許可を求めた。
 ジュリエッタも参加することを公言した。

 こうして、皇太子即位の興奮も冷めやらぬ間に、アルデラーンからタルシエン要塞への行幸となったのである。
 アルデラーンからトランターまでは、それぞれのワープゲートを調整すれば使えるが。
 ジュビロ・カービンが敵側に着いたと想定される現在、タルシエン要塞にあるワープゲートは、万が一を考えて使うことができない。
 トランターからは、艦隊の足を使って行くしかない。


2021年2月24日 (水)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅱ

第十章 反乱


 皇太子即位の儀は、アルデラーン宮殿王室礼拝堂大広間で執り行われることとなった。地球史における英国のプリンス・オブ・ウェールズ叙任式にあたる。
 豪華絢爛たる装飾品、正面には祭壇と大きなパイプオルガン、天井には美しい装飾画がある。
 吹き抜けとなっている二階部分には、大きな円柱がありその間隙に各放送局のTVカメラと報道陣がずらりと並んでいる。
「アレクサンダー王子ご入来!」
 宮廷衛視が発令すると、騒めいていた礼拝堂内が一斉に静かになった。
 パイプオルガンが荘厳な音楽を奏でる中、紫紺の絨毯の敷かれた中央回廊をアレクサンダー王子が進みゆく。
 祭壇には、第一皇女にして摂政を務めるエリザベスが待ち受けている。その脇には侍従が携える【皇位継承の証】である深緑に輝くエメラルドの首飾り。
 一般的な王位(皇位)継承では、王冠を継承者に被せる戴冠式が行われるが、銀河帝国では【皇位継承の証】を首に掛けることで、皇位を継承したことを知らしめることとなっている。
 ちなみに地球古代史における日本国の天皇における、立太子の令がこれに相当する。

 その頃、共和国同盟の各地域にも、皇位継承の儀式の模様が生中継されていた。
 当然、ガデラ・カインズの駐留するタルシエン要塞やゴードン・オニールが守るアルサフリエニ方面の基地でも生中継を視聴していた。
「皇帝の即位式じゃなくて、皇太子なんですね」
 参謀のパティー・クレイダー少佐が呟いた。
「そりゃそうさ。死んだと思われていた皇位継承者が突如として現れたのだ。いきなり皇帝というのも、貴族たちが納得しないだろ。まずは皇太子というところからはじめて、少しずつ浸透させてゆくのだろうさ」
「皇太子とは言っても、すでに皇帝が崩御されているから、実質上の皇帝ですよね」
「まあ、そこの所が継承者問題で荒れている証左なんだろうな」

 儀式が終わって、記者会見の模様も中継された。
 数多くのマイクが立ち並んだ机の前に座り、記者の代表質問に答えるアレクサンダー王子。
「殿下は、共和国同盟を解放なされましたが、銀河帝国皇太子として、その処遇をいかがなされるおつもりでございましょうか?」
 その質問は、ほとんど銀河帝国の政策一丁目一番地とも言うべき質問だろう。
 帝国皇太子にして、共和国同盟の最高指導者たる人物なのだ。

「帝国皇太子及び共和国同盟最高指導者たる身分をもって、共和国同盟を銀河帝国に併合し、帝国貴族にその所領を与えるものとする。貴族の末端にまで公正に分配する」
 その発言を聞いて驚く、共和国同盟の諸提督達だった。

「なんてことを!?これでは、バーナード星系連邦から銀河帝国に植民政権が移っただけじゃないか」
 提督の中でも一番憤慨したのは、ゴードン・オニールだった。
 アレックスとは、士官学校からの親友だっただけに、その心変わりに信じられないという表情であった。
 しかし、TV中継では、はっきりと明確に帝国領とすると発言しているのである。疑う余地がなかった。
 アルサフリエニ方面軍において、アレックスに対する反感が沸き上がっていた。


 それから数日を経て、ゴードン・オニールを首班とするアルサフリエニ共和国の独立宣言がなされた。


2021年1月13日 (水)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅰ

第十章 反乱


 銀河帝国首都星アルデランに近づく巡洋戦艦インヴィンシブル。
 近づいてくるのは、TV放送局の船である。
 皇太子殿下の坐乗する艦が、宇宙から皇族専用宇宙港に舞い降りるシーンを撮影し演出する気概があるのだろう。
 事前に連絡を取って、撮影許可を取っている。
『ご覧ください。皇太子殿下のお乗りになられていますインヴィンシブルでございます。既報の通りに、共和国同盟を解放し凱旋なされました』
 別の放送局も続く。
『ジュリエッタ皇女様のインヴィンシブル、マーガレット皇女様のアークロイヤル、そして皇太子殿下の旗艦サラマンダーが仲良く並んでおります』
『あ、只今。アルデラーンに着御なされたアレクサンダー殿下が乗降口にお出ましになられました』

 そんな皇太子ご帰還の模様を放送するTVを、苦虫を?み潰したような表情で見つめる複数の目があった。
 どこかの貴族の館の一室で交わされる内輪の会話。
「たかが臨時の宇宙艦隊司令長官じゃないか。皇太子になったわけじゃない」
「ジョージ親王は、すでに皇太子として決まっていたのに」
「正式に認められたわけではない。今のうちに何とかしなければ」
 どうやらロベスピエール公爵につく摂政派と呼ばれる者達のようだ。


 皇室議会が開かれた。
 もちろん議題は、皇太子の継承問題である。
 議会としては、アレクサンダー王子が皇太子ということは決定事項である。
*参照 第七章 反抗作戦始動 XⅢ
 だが、摂政派の貴族を承諾させるまでには至っていない。
「エリザベス様が、公爵殿を説得なされたのだが、首を縦に振られなかったそうだ」
「公爵殿さえ納得して頂ければ、他の貴族も従って頂けるのだが……」
「ともかく、国民の側に立てば圧倒的にアレクサンダー王子だ」
「そうだな、共和国同盟を解放させたことで、軍事的才能も証明された。もしジョージ親王を強引に立てたとすれば、国民暴動すら起きかねない」
「我が領土を侵略しようと虎視眈々と陰謀を巡らしている、バーナード星系連邦がある限り、ジョージ親王では容易く侵略されかねない」
 議員の中には、ロベスピエールの息の掛かった摂政派もいるのであるが、事ここに至っては自派の論を押し通すことは無理筋だろう。
「これ以上、議論の余地はないと思うがいかがかな?」
「そうだね。決を採ろうじゃないか」
 こうして、アレクサンダー王子の皇太子即位の儀式の日取りが決定した。

2020年12月 9日 (水)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅺ

第九章 共和国と帝国
XI ミストへ


 サラマンダー艦橋では、海賊から搾取した通信記録媒体の解析が続けられていた。
 スザンナ・ベンソン少佐が報告する。
「提督、通信記録から海賊の基地らしき座標が得られました」
「位置が特定できたのか?」
「はい。五光秒前後の誤差ではありますが、中立非武装地帯の中です」
「う……む。中立地帯か……。戦闘行為が禁止され、軍事施設を設置することも禁
止されてはいるのだが……」
「海賊には通用しませんよ」
「まあな」
「P-300VXを派遣して調査しますか?」
「だめだ。基地の防衛能力や索敵レンジが未知数な現状では、戦艦が立ち入りでき
ない空域に、例えP-300VXでも単独では派遣できない。巡航速度や航続距離
の問題があるからな」
「万が一見つかったりしたら逃げられず、極秘の最新鋭機を敵に渡すことになりま
すか」
「海賊基地の詳細が分かるまでは、このまま知らぬふりをしておこう。位置が分か
っていれば通信傍受もできるし、いずれ詳細も手に入るさ」
「分かりましたが、通信傍受と申されましても」
「手ごろな場所があるじゃないか」
「手ごろな場所?」
「デュプロス星系惑星カリスの衛星ミストだよ」
「連邦艦隊が進軍してくるのを、提督がミスト艦隊を指揮して撃退した、あの衛星
ミストですね?」
「ああ、中立地帯近くに補給基地があるだろう。そこに通信傍受の設備を設置させ
て貰おうじゃないか」
「なるほど、提督の願いなら聞き届けて貰えそうですね」
「そこで、君がミストへ赴き事の次第を了承して貰ってくれ。私の親書を持たせる」
「分かりました。ノームを使わせて頂きます」
 高速戦艦ノームは、サラマンダーの同型艦であり、旗艦艦隊の旗艦となっており、
スザンナの乗艦である。
「通信技術主任として、アルヴァン・アルメイダ大尉を連れていってくれ。役に立
つはずだ」


 数時間後、サラマンダーから離れてゆくノームと随行二百隻の艦艇があった。
「まもなく、デュプロス星系に入ります」
「衛星ミストへの進入コースを設定せよ」
 デュプロス星系は、二つの超巨大惑星を従えた恒星系である。
*参照 第二部 第二章 ミスト艦隊
 目指すは、第一惑星カリスの衛星となるミストである。
 超巨大ガス状惑星カリスは、太陽系木星の二十倍の大きさを持ち、衛星のミスト
が唯一人間の居住できる星となっている。
 衛星ミストの地上に降り立てば、天空には恒星ミストと、その光を反射して輝く
惑星カリスが浮かんでいるのが見えるはずだ。
「ミスト艦隊のお出迎えです」
「相手方より入電です」
「繋いでください」
 通信用パネルスクリーンに浮かび上がったのは、以前にも出迎えたミスト艦隊司
令官のフランドール・キャニスターであった。
「ご来訪の目的をお伺いしましょうか?」
「ランドール提督の全権大使として来ました」
「提督はご一緒ではないのですね?」
「はい」
 スザンナは、副官のキャロライン・シュナイダー少尉を連れて、ミスト旗艦へと
向かった。
「ランドール提督の親書をお渡しします」
「親書ですか?」
 親書を受け取り、中身を読み終えて、
「なるほど、通信では傍受される恐れがあるからですね」
 来訪の目的を納得した。
「はい。我々が通信傍受することを、敵側に察知されてはいけないのです」
「海賊達が行動する時、通信連絡するのを傍受して、その基地の位置を特定しよう
とは、さすがに提督だけありますね」

 ミスト側の了承を得て、ミスト本星と補給基地の二カ所に、早速通信傍受施設が
設置された。離れた二カ所で受信すれば、より良い正確な位置が特定できるからで
ある。
 通信士と設備要員を残して、スザンナの部隊はアレックスの本隊へと向かった。


銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅹ

第九章 共和国と帝国


 インビンシブル艦橋では、援軍の到着と海賊の殲滅とに歓喜の声を上げていた。
「殿下、ありがとうございます。海賊が襲ってくることを予言なされていて、密かにサラ
マンダー艦隊に後を追わせていたのですね」
 ジュリエッタが感心している。
「まあね。これまで二度もやられたから、二度あることは三度あるだよ」
 その時、
「殿下、サラマンダーより連絡が入りました」
「こちらに繋いでくれ」
 送受機を取り、サラマンダーからの報告を受けるアレックス。
「ジュリエッタ。サラマンダーの随行の許可を頼む」
「かしこまりました」
 早速配下の者に指示を出すジュリエッタ。
「それと艦内の捜索をしてくれ。おそらく艦載機発着口辺りに発信機が取り付けられてい
るはずだ」
「発信機……内通者ですか?」
 早速、艦内捜索が行われてアレックスから指定された周波数を探って、発信機が発見さ
れた。さらに艦内モニターに映し出された、発信機を取り付けたと見られる容疑者も特定
されたのだった。
 容疑者の元に警備兵が駆け付けた時には、時すでに遅く命を絶った後だった。
「消されたかな……」
 報告を受けたアレックスは呟いた。
 生きていれば、首謀者の名前を聞けたかもしれなかった。
 そして以前にもあった事件を思い出すのだった。
*参照 第一部第八章・犯罪捜査官コレット・サブリナ
「他にも内通者が?」
「陰謀を企てる者は、幾つもの予防線を張るものだ。実行犯は、その下っ端ということだ
よ」
「乗員全員の身元調査を行いますか?」
「いや。その必要はない。どうせ二重三重の予防線を張ってるさ」
「そうでしょうか……」
 命の重さも毛ほども気にしない陰湿な陰謀の闇、気高いジュリエッタには理解しがたい
ことだろう。
「一度、サラマンダーに戻る。手配してくれ」
「かしこまりました」
 本来なら、皇太子殿下が旗艦インビンシブルから離れるのは、警護の上でも避けなけれ
ばならないが、同盟軍最高司令官でもあるアレックスの行動を止めることはできない。
 アレックス専用の艀「ドルフィン号」が、駆逐艦に護衛されながらサラマンダーへと移
動する。例え目の前にあったとしても、万が一を考慮してである。
 サラマンダー艦橋に戻ったアレックス。
 オペレーター達の敬礼に迎えられながら、スザンナが明け渡した指揮官席に座る。
「通信記録の解読はできたか?」
 開口一番の質問だった。
「残念ながら記録は抹消されていました。引き続きデータの復元作業を行っています。断
片的にでも特定の人物が浮かび上がればよいのですが」
「ふむ。よろしく頼むよ」

「ところで、インビンシブルの居心地はいかがですか?」
「ああ、結構息苦しいな。殿下と呼ばれると、こそばゆいよ」
「そのうち慣れますよ」


より以前の記事一覧